ネイティブのような発音を目指せる

子供と先生

英語は大人になってからでも覚えることができますが、ネイティブと同じ発音を身につけるのは難しいといわれています。そのため、お子様にペラペラになって欲しいのなら、小学生のときから英語を習わせることを考えましょう。小学校の低学年から英語を習わせれば、ネイティブに間違われるような発音を身につけることもできます。なお、小学生に英語を学ばせようとすると、かなりの費用がかかると考える方もいるでしょう。しかし、現在ではいろいろな方法があるので、お金をそれほどかけずに安く学ばせられます。もちろん、お金をたくさんかけて、できる限り早くペラペラになってもらうことも可能なため、お子様に合わせた方法で英語を学ばせましょう。

安く済ませたいのなら書籍の教材を使おう

ABC

大きめの書店を訪れれば、初心者用に書かれた英語学習用の書籍を見つけることができます。しかし、それらの中には文字がきちんと読めることを前提とした書籍が多いので、購入する歳には気をつけましょう。小学生の場合は読めない文字も多いので、初心者用だとしても、上手く活用できないケースも多いです。そのため、小学生に英語学習用の書籍を購入するのなら、小学生用に作られた書籍を購入してあげるようにしましょう。もしも、まだ低学年ならば、幼稚園や保育園に通う年代に向けて書かれた書籍でもよいです。一般販売されている英語学習用書籍の値段は安いため、1000円もあれば、いろいろな種類の中からお子様にピッタリのものを選定できます。

お金をかけられるならスクールに通わせよう

アルファベットと本

より効果的に英語を覚えさせたいのなら、講師に教えてもらえる英会話スクールに通わせましょう。受験勉強用ではなく、英語で会話することを目的としたスクールならば、ペラペラを目指すため学習ができます。費用は月額5000円から10000円程度のところが多いですが、英会話スクールによって異なるので、気になるなら個別に確認しましょう。なお、最近では英会話スクールは実店舗だけではなく、オンライン上にもあることを知っている方も多いはずです。そのオンラインスクールも小学生向けがあるので、送ったり迎えにいったりするのが大変なら利用を考えましょう。小学生向けのところならば、大人用途は違うカリキュラムを用意してくれているため、子供でも効率的に英語を学んでもらえます。ちなみに、オンラインスクールのほうが実店舗よりも安価なケースもあるので、『本格的に習って欲しいけど費用を安く抑えたい』と考える方にもおすすめです。

広告募集中